室長あいさつ   会社概要   アクセス   リンク   サイトマップ
 
セミナー・勉強会
目的・効果・方法
こんなことから楽になりたい
心の傷
ケース例・体験談
Q&A
治療コースメニュー
受付・料金
 
FAP資格制度
 
 
カウンセラーからみたインサイト・カウンセリング
 
1)
チームワークの重視 3) チーム一丸となり限界への挑戦
2)
カウンセラーの自己研鑽を怠らない 4) 愛のあるカウンセリングルーム
     
  チームとしてのカウンセリング  
     
 

もう一つの特徴は、インサイトのスタッフは、毎週のケース・カンファレンス,スーパーヴィジョンで常に自己の研鑽を行っており、治療の妨げになるようなところは改善していく努力を常にしているところです。私たちは、24時間、いつでも、どこを切ってもカウンセラーであるよう指導されています。ですから休憩時間でも無駄な時間は過ごしません。それは、いらしていただくクライアントに対し、常に丁寧に対応できるようにするためです。例えば気持ちよく挨拶をする,きれいな環境作りを心がける,相手の体調を気遣うといった、言ってみれば基本的な事柄なのですが、これらが自分の体調不良,イライラ,落ち込みなどが原因でおろそかになってしまうことがあります。そしてその影響が細かいところで出てきてしまいます。そういったところを、私たちは見逃しません。私たちにとって最も大切なのはクライアントです。つまり、クライアントに気持ちよく来談していただくために、私たちは自分の言動や態度に最新の注意を払っているのです。しかもこれがどんな時でもできている必要があります。ですからスタッフ間でも、常に相手を気持ちよくさせようという姿勢で会話しているのです。その結果、雰囲気の良い相談室が生まれます。一人一人が気持ち良い状態であれば、当然気持ち良い接客ができるわけです。どんなに疲れていても、どんなに辛い事情があっても、どんなに酔っていてもカウンセラーでなければならないのです。「面接中はちゃんとやってる」という言い訳は全く通用しません。ここまで言うと、カウンセラーが非常に辛い日常を送っているように思われるかもしれませんが、そうではありません。何せインサイトは「チームワーク」が売りですから、困った状況を話せばスタッフが親身になって聞いてくれますし、危険な状態に本人が気づいていない場合はそれとなく気づかせてもらえますし、防衛が強まって自己開示ができない状態であれば、その防衛を解いてくれます。これらを普段の何気ない会話の中で行うため、「休憩時間でも無駄な時間は過ごさない」ということになるわけです。しかもこの目的はお互い慰めあうことではなく、クライアントに良質のサービスを提供することにあるのです。何度も言いますが、全て、クライアントの回復のためなのです。この姿勢の元、スタッフが一貫した態度で、いらしていただくクライアントに接するよう努めているのです。

 
     
Copyright (c) Insight-Counseling Corporation All Rights Reserved.