口ぐせリセット
 
大和書房 定価:本体1,400円+税
はじめに ―― 弱気、引っ込み思案も口ぐせで変わる

第1章
「口ぐせリセット」で、人生を最大限楽しむ
言葉に強く影響される人の3つのタイプ
言葉の暗示をゆるめる“口ぐせリセット“
自己卑下も劣等感も口ぐせから生まれる
<くっそ〜!>は力も出るが、不快感も増す
ネガティブワードが、別のネガティブワードを呼ぶ
<普通は〜>は怒りをためるトリガー
人間関係で敵を生む口ぐせたち
“人まね“で自覚できる、口ぐせのリスク
ポジティブな口ぐせを唱えるときの「あえて」のルール
ネガティブな口ぐせを発見するクエスチョン
Column01 ネガティブな口ぐせの中毒性から離れられない
 
第2章
ビクビク・オドオドしなくなる
「気弱な自分」をリセット!
不幸は自分の心から生まれてくる
余裕がチャンスを引き寄せる
困った性格を<意外と>ほぐす
ミスは謝るより先に「私のせい」
「自分ボメ」で、自己否定感から抜け出す
「わかったつもり」をやめれば未来を選べる
嫌なことは<わからない>まま振り返る
あせる時ほど、ポジティブワードを頭出し
「イケそうだったのに」で、自己肯定感を育てる
「人に好かれる言葉」を集める
Column02 2つの口ぐせで「自分嫌い」が止まらなくなってしまった
 
第3章
なんでもたのしくなってしまう
「だるい気持ち」をリセット!
1日のやる気は「朝食後の一言」で変わる
「だるさスパイラル」から30秒で抜け出す
コンプレックスには、「理想の姿」を唱え続ける
成長を妨げる言い訳ブレーキを外す
納得を示すと、損な役がこなくなる
「アメとアメ効果」で、理想の自分に近づく
夜のダメ出しをやめる
Column03 身だしなみがしっかりでも、第一印象が悪い
 
第4章
攻撃する人が消える
「つらい人間関係」をリセット!
正しい距離感は、「呼び方」で9割決まる
否定的な意見を言った相手を、肯定する
共感を示したいなら、相手のことを考えない
嫌味・悪口は、相手を認めれば聞こえなくなる
相手のイライラには「イライラ返し」
<客観的に〜>で自分も相手もだます
ほめるだけで、お願いごとを聞いてもらう
Column04 <かわいそう>と同情したのに、なぜか嫌われる
 
第5章
不安が吹っ飛ぶ
「あせる仕事」をリセット!
日曜の夜に気合を入れない
多すぎる義務感を手放す
「できる」と言わなくていい
会議は「テキトー言葉」で乗り切る
「ちゃんとしなきゃ」を捨てて、話上手になる
不安をあおる「ダ」付き言葉をやめる
Column05 丁寧で穏やかな性格なのに、職場で馴染めない
 
第6章
ムリなく自分らしく
「他人中心の幸せ」をリセット!
今の幸せに集中する
<伝わってる>と思えば、心のくもりが取れる
他人のつらさから、自分の課題を見つける
叶えたいことは、漠然としたままにする
Column06 子供の将来を心配しているのに、不安が的中するばかり
 
おわりに
 
 
 
 
     
 
 
 
すて