すごい恋愛ホルモン

すごい恋愛ホルモン
 
青春出版 定価:本体1400円+税
はじめに 恋愛を「したい」のに「楽しめない」あなたへ
 
第1章
3年ごぶさたでも恋愛体質になれる法則があった!
W恋人を欲しがらない人Wの心理は、こうなっている
 
恋愛にメリットを感じない! 男性の「矛盾」が許せない女性たち
 ダメ出しされてどんどん魅力を失っていく男性たち
 「恋愛嫌い」の原因は、インターネットが普及したせい!?
 ひとりでなんでも完結できちゃうし、他人と付き合うのは面倒くさい
 恋愛への意欲が湧かないのは、軽い「うつ状態」かも
 「男らしさ」「女らしさ」を作るホルモンって、どんなもの?
胸キュン、愛おしさ、多幸菅…「恋に落ちる」ときの心理メカニズム
 恋に落ちるとき、脳では何が起きている?
 「ケンカするほど仲がいい」のは、ホルモンのせい
 「アイドルと目が合って胸キュン!」なのも、ホルモンのせい
 母性本能がくすぐられて恋に落ちるのも、ホルモンが影響
 嫉妬して恋に発展!? それもホルモンのしわざ
 結局、「恋」の正体とは? ○○のおかげで私たちは恋ができる
 恋の賞味期限が切れてしまう前に
 
第2章
恋愛ホルモンをさまたげる習慣、ぐんぐん活かす習慣
「出会いがあっても、ときめかない」のは、なぜ?
 
<診断テスト>あなたの生活習慣をチェック!
 素敵な恋愛を夢見ていたら、こうなった! ある女性の話
 「嫌なことはやらない!」という声の導く方向へ
恋のホルモンを出すための、ちょっとしたゲームのすすめ
 W好きになれる人Wが見つからないなら― 気楽に「一人」を選んでみる
 「ダメ出し」が恋のホルモンを止めてしまう
 「お腹」が整うとW好きになれる人Wが見つかる!
 素敵な人の「菌」をいただいて、恋愛力アップ!
 W男嫌いな王女WがWキモいカエルWに恋をできた理由
恋をしている人たちが、次々と美しくなっていく秘密
 パートナーがいてもいなくても「ときめき」の補充を
 「どのホルモンで恋をするのが正解?」という疑問
 
第3章
運命の人に出会える!? 「恋のハウツー」再検証
「こうあるべき」にまどわされるのはなぜ?
 恋人っていたほうがいいの? どうして「恋愛していない自分」を不安に思うのか
 不安をつくる代表選手は「両親の不安」
恋愛ハウツーでよくいわれる○○って、本当に効果はある?
 「恋愛映画やドラマを見る」効果は?
 「恋愛小説を読む」効果は?
 「デートスポットへ行く」効果は?
 「自分磨きをする」効果は? (メイク、ファッションなど)
 「結婚して幸せになった人に話を聞く」効果は?
 「男性(美容師など)にメイクをしてもらう」効果は?
 「恋をするときれいになる」って本当?
 それとも「きれいになったから恋ができる」?
ひとめぼれって本当にありえる?
 「出会った瞬間にビビビッ!」憧れの体験は、どうしたらできる?
 ひとめぼれって、じつは危険!
 「ビビビッ!」が危険な理由、もうひとつ
 一気に燃え上がって、一気に冷める恋
 出会った瞬間、「これって運命だ!」―その核心のウラにあるもの
 
第4章
絶対に振り向かせたい相手を確実に夢中にさせる方法
効果絶大! 気になる彼の心を奪う、ちょっとしたコツ
 
さて、いざW好きになれる人Wが見つかりました。
 好きだけどなかなか会えない相手。このテクニックで振り向かせましょう!
  1 王道! 恋のホルモン《フェニルエチルアミン》で恋をさせる
  2 嫉妬のホルモン《テストステロン》で恋をさせる
  3 愛情のホルモン《オキシトシン》で恋をさせる
  4 怒りをしずめるホルモン《エンドルフィン》で恋をさせる
  5 創造をふくらませるホルモン《ドーパミン》で恋をさせる
 これって、ホルモンパワーを活かした恋愛ゲーム!
やっと大好きな彼に会える! そんなときは「態度」に要注意
 とにかく「笑顔!」で楽しみ尽くす
 恋を焦っているときこそ「演技」をやめてみる
 彼のWお母さんWになってしまわないために
 ハンタータイプの人なら「女優」になって攻めていく方法も
第5章
「ときめきたい」けど「傷つきたくない」というジレンマ
「傷つくくらいなら恋なんてしたくない」という人へ
 
「彼が好き」と自分の気持ちを認められないのは、なぜ?
 <診断テスト>「彼に○○してあげたくなる度」をチェック!
 もし、過去の失敗に囚われているとしたら?
「またWダメ男Wに引っかかった」という人へ
 W優しい人Wを選んでいませんか? ―なぜ、同じ「失敗」を繰り返すのか
 Wダメ男Wの見抜き方:見てくれがいい相手はやめよう!
第6章
「かけがえのない恋」をたいせつに育むために
ときどき「これでいいのかな?」と不安になるとしたら
 
女友達や母親に恋愛相談をしてはいけない。これは大前提です!
 大人になってもリアルな恋愛をしない私に、周りは反対…
 Wドルヲタな私Wを肯定するには、アイドルを魅了しちゃうこと
穏やかな関係は、こうして継続していく
 ホルモンのパワーで恋に落ちた! その状態を長く保つには
 常識的な考えと比べない
 周りからの嫉妬を受け流す
 つながりやすい時代だからこそ「知らずにいる」ほうがうまくいく
 究極は「骨」を愛し「空」に恋をする
Column 
  ホルモンさえあれば、80歳になっても恋できる?

  「誰でもいいから愛されたい」? それとも…
  ときめきを「便利なツール」にしないためにできること
おわりに 悪夢から「素敵な恋」の方向へ【ネタバレ注意】