あのね、いやー、おもしろいのが、何で周産期からずっとやっているかといったらね、今年の3月から僕は本格的にまたセラピーに入ったのね。そして3月からトラウマ取りをやっていった患者さんのうち、7人が転職したのね。みごとに転職したの。それまで嫌だった職場というのが嫌じゃなくなったと言うのだけれども、嫌じゃなくなったら、その職場がやたら狭く見えた、もっと広い所へ行こうと思うようになった、と言って辞めちゃうのね。そして実際に広い所に行っちゃうわけ。おお、これだ、これは本物だな、というのをね、思うのね。ちなみに僕は自分の取ってから、辞めちゃいました(笑)。だから勧めるんだと思うんだけれどね(笑)。いやね、狭くなったとかそういうことじゃなくて、もっとおもしろいことやりたいなって。規制がなくなるのね。何が嫌とかアレが嫌とかそういうことじゃないの。本当になんかね、自由に飛んでいるなーという感じが自分の中でするわけ。そしてもっと楽しいことやりたいな、って思うの。これに感動したのね。そして自分の中にさっき言っていたぽっかり空いたものというのがね、これが妙に減っているの。減ってきているのね。なんかね、あんまりこだわらなくなってきたの。昔はいろんな不安、いろんな心配で動いていたわけね。何やかんや、っていってね、いろんなしがらみがぬぐえなかったの。それが今全然こだわらないのね、全然というのはあれだけれども、また戻ってくるかもしれないけれど、でも今は楽。自分でやってみて、あらまあ、みたいなね。こんなにしがらみがないと楽?みたいなね。ある意味でアホになるわけ。本当に治療前と治療後で比べると結構アホになるのね。だから前はぐじぐじといろいろなことを考えていたわけ。でもね、なんかね、考えられないのね、まあ、いいんじゃない、みたいなね。ここがいいかげんになる、という部分。だから、おもしろいなーという風に思っています。でもこれはあくまでも僕が感じていること。それが万能というわけではないです。ただこういうふうにみなさんとシェアすることができて、おもしろいなあ、と思っています。

……さて、じゃあ、そろそろ質問タイムにしますか?