スルースキル

スル〜スキル Wあえて鈍感Wになって人生をラクにする方法
 
株式会社ワニブックス 定価:本体1300円+税
はじめに  
 
第1章
すぐに傷つき、イヤな頼まれごとを断れないワケ
1-1W絶妙なタイミングWで邪魔をしてくる人々
 新しいことに手を付けられない
 自分の中で悪夢が広がっていく
1-2「謙虚=美徳」という価値観も考えもの
 他人を優先してしまう原因
 謙虚になると悪夢は広がる
 他人の言動にそれほど深い意味はない
1-3「下手に出ちゃう人」のメカニズム
 嫌われたくないから下手に出る
 下手に出ない自分が想像できない
 悪夢の中に生きていたことに気づく
1-4「敏感な人」はいつまでも出世できない
 いい仕事をしても認められない
 出世直前で爆発してしまう
 周りにどんどん追い越された経験
 鈍感になれば道が拓ける
 
第2章
「鈍感」になることから始めよう
2-1気にすべきこと、しなくていいことの線引き
 不利益になるのが嫌だ
 「お金持ち」の感覚になってみる
2-2攻撃してくる人の根底にある「嫉妬」
 嫉妬は「発作」である
 自覚がない嫉妬の発作
 「下の立場」に嫉妬する仕組み
2-3親がわが子を叱るのも嫉妬の一種
 「しつけ」という感覚になってしまう嫉妬
 美人なのに容姿に自信がない理由
2-4「自分中心」の考え方に変える
 自分も知らぬ間に嫉妬している
 自分を中心に考えるということ
 やがて「自分を中心にする人」が集まる
2-5職場における「ドMな人」の背景
 苦痛による脳内麻薬の分泌
 脳内麻薬の禁断症状?
 ドM体質から出世体質へ
2-6地獄のような「いじられキャラ」からの卒業
 なぜ「ヘラヘラ」してしまうのか
 怒りをぶつけずにいじられキャラを卒業する
 COLUMN1 サーフィンをやると敏感さが薄まる?
 
第3章
周囲からの小言を自分の中でスルーする
3-1「真に受けない」ことの大切さを知る
 イライラの真相
 悪くないのにW反省Wしても無意味
3-2表面上は耳を傾けても心の中でサラッと流す
 善意を受け取っているフリをする
 近所のおばちゃんをイメージする
3-3小言パターン@モンスタークレーマー
 クレーマーが泣くまで聞き倒す
 対応次第で信頼を勝ち取れる
3-4小言パターンA嫌味ばかりを言う上司
 「上司が持っていないもの」に嫉妬する
 脳は周囲の人をまねる
 嫉妬の電気ショックをお返しする
3-5小言パターンB怒ってばかりの妻
 「男性性」と「女性性」
 奥さんの小言は「女子力の供給源」
3-6小言パターンC口うるさい夫
 真に受けると夫婦関係が壊れる
 夫が弱みを打ち明けるようになる
 COLUMN2 なぜか失敗を繰り返す自己敗北性パーソナリティ障害
 
第4章
面倒くさい人を華麗にスルーする
4-1そんざいに扱うと嫌われるのか
 頭が子供状態になる
 子供だと割り切って相手にしない
4-2逐一対応していたら心がボロボロになる
 「発作」は酔っぱらっている状態と同じ
 スルーできれば体調もよくなる
4-3面倒くさい人たち@頻繁過ぎる上司の飲みの誘い
 「コミュニケーションのため」と信じている
 断る時は満面の笑みで
4-4面倒くさい人たちA詮索好きな先輩・同僚
 「しっぺ返し」で詮索してくる先輩を撃退
 「アドバイス」したがる同僚
4-5面倒くさい人たちB高圧的な取引先
 「特別扱い」していると思わせる
 「お得」を連発する
4-6面倒くさい人たちCしつこいセクハラ発言
 最もシンプルな嫉妬の発作
 実は男として自信がない人
4-7面倒くさい人たちD執拗に交際を迫ってくる同僚
 なぜ諦めてもらえないのか
 「拒絶」しない断り方
 COLUMN3 ダメな人をほうっておけない場合の対処法
 
第5章
スルーすることに疲れてしまった時は
5-1自分の力だけで解決しようとするのはやめよう
 
自分の失敗をスルーする
 実は誰しも持っている
5-2思っている以上にみんなが助けてくれる
 
周囲の人に頼れるようになる
 スルースキルが周りの人を動かす
5-3イヤな奴になるということではない
 
本当にイヤな奴はどちらか
 スルーできなかった自分が懐かしい
 
おわりに